Mustilli

カンパーニャ州

Mustilli
ムスティッリ

マストロベラルディーノ、フェウディ・ディ・サン・グレゴリオと並び評されるカンパーニャの主要メーカーのひとつ。
ムスティッリ家は16世紀初頭にサンタガタ・ディ・ゴーティに移り住んで以来、ぶどう栽培に関わっており、地下約15メートルに現存する石造りのセラーにその歴史が見て取れる。1960年より、レオナルド&マリリ夫妻が家を継ぎ、在来品種のファランギーナやピエディロッソを植え育て始めた。
特にファランギーナを再発見し、単一品種で醸造したのは、ムスティッリが初めて。今日では、彼らの娘パオラとアンナ・キアラも経営に携わる。
コンサルタントはキャンティの名門ルッフィーノのエノロゴ、マオロ・オルソーニ。

2012年以降はビオディナミワインとしてIMCから認定。
IMC:INSTITUTO MEDITERRANEO DI CERTIFICAZIONE 

続きを読む

生産者のホームページはこちら

  • Mustilli

お探しのページが見つかりませんでした。

トップページへ